お金の悩み・その人間関係は本当にあなたに必要ですか?

お金の悩み・その人間関係は本当にあなたに必要ですか?

お金で人間関係を悪化させてしまう人にはどのような原因があるのでしょうか。

相手と良好な関係を築くためには、お金で悩まない付き合い方を身につけることが大切です。

ここでは付き合うのを避けたほうがよい相手、お金の貸し借りをするときの注意点、お金がない状態で誘われたときの対処法などについて説明しています。

金銭的な問題で悩まなくて済むような人間関係を構築してください。

お金が絡んでくる人間関係を乗り切るコツ

お金が絡んでくる人間関係を乗り切るコツ

学生時代の人間関係は好き嫌いの感情に左右される部分が大きいですが、社会人になると利害関係が絡んできます。

友達と遊ぶにはお金がかかるのが現実で、お金の問題に直面するたびに相手の人間性を垣間見ることになります。

人間関係はギブアンドテイクが好ましく、自分が与えるだけではダメですし、逆に与えられるだけでもバランスが悪くなるのです。

例えば友人と食事をするとき、いつも自分ばかりお金を出していればストレスが溜まってくるでしょう。

お金は人間性を露呈させると言われており、例えば相手の言葉遣いがどんなに丁寧で優しくても、お金を出したがらない人はずるい性格をしています。

ずるい性格はその人の性質であることが多く、簡単に治るものではありません。

こうした人間と行動を共にしていると、自分に多くの金銭的な負担が降りかかってきます。

この人と一緒にいると金銭的に損をすると感じたら、深く付き合わないほうが無難です。

自分自身に問題がないかを向き合ってみる

自分自身に問題がないかを向き合ってみる

お金で悩む人間関係を辿ると、自分自身に問題があることが少なくありません。

例えば友人から借金を申し込まれたとき、相手が友人という理由でなけなしのお金を貸してしまう人は多いでしょう。

しかし、貸したお金が戻ってくる確率は極めて低いと考えておく必要があります。

借り癖のある人は、いろいろな人に借金の申し込みをしていることが多いです。

こうした人は相手を軽視していることが多く、財布がわりとしか思っていないのかもしれません。

今はキャッシングやカードローンなどの即日融資サービスがありますから、安易に人からお金を借りなくてもどうにかなります。

お金を借りるときに絶対に返すという言葉を使う人は多いですが、絶対という言葉を言い放つ人を信用してはいけません。

知り合いや友人にお金を貸す時は自己責任と思っておく事が大事

知り合いや友人にお金を貸す時は自己責任と思っておく事が大事

人にお金を貸して返ってこないと腹が立つものですが、これは相手に期待しているからです。

お金を貸すときは自己責任で、返ってこないならば貸した自分が悪いと考えておけば、安易に貸そうとは思わないでしょう。

お金の貸し借りは人間関係を壊すことが多いため、貸したいけどお金がないなどと、相手を傷つけない理由で断るのが得策です。

お金の問題は非常にデリケートで、お金を貸した相手との間には心の摩擦が生まれます。

借りた側も後ろめたさを感じてしまい、互いの関係が疎遠になってしまうことがあります。

仕事仲間ならば嫌でも付き合わないといけない場合が多いでしょうが、プライベートで付き合う相手はよく選ぶ必要があるでしょう。

経済レベルが同程度でない人との友人関係は破綻しやすい!?

経済レベルが同程度でない人との友人関係は破綻しやすい!?

健全な付き合い方の基本は、お互いにストレスを溜め込まないことです。

経済レベルは同程度が好ましく、極端にかけ離れている相手と付き合うときは注意してください。

例えば友人を旅行に誘った場合、相手の懐事情が厳しければ金銭的な負担をかけてしまう可能性があります。

相手にお金がなければ自分が出してあげればよいと考える人はいますが、相手が後ろめたさを感じるかもしれません。

もし後ろめたさを感じない相手であれば、それはそれで問題があります。お金が絡む人間関係では相手の本性が見えてくるわけです。

自分にお金がない状態で相手から誘われたときは、2回に1回は断るなどと工夫が必要です。

断るのは相手に悪いと考えてすべて付き合っていると、お金が貯まりませんし、ローンが必要になるかもしれません。

友達付き合いを続けるために借金をするのは健全な状態ではないです。

お小遣いの範囲内で付き合い方を考えていく必要があります。

お金のかかりすぎる相手ならば、人間関係をリセットすることも考えてみましょう。

お金が原因の人間関係の悪化を防ぐために

お金が原因の人間関係の悪化を防ぐために

お金のもつれは人間関係のもつれにつながります。

お金は人間性を映し出す鏡ですから、お金にだらしない人とは距離を置いてください。

お金にずるい人と行動を共にすると、自分にしわ寄せがくることが少なくありません。

人間関係はギブアンドテイクが好ましいため、この関係を維持するのが難しい相手とは深く付き合わないのが基本です。