金銭感覚がしっかりと持ってる人はお金に関して悩みやすい

金銭感覚がしっかりと持ってる人はお金に関して悩みやすい

もっとお金があったらいいなという想いはほとんどの人が持っているものでしょう。

そんな願いとは裏腹に多くの人がお金にまつわる悩み事を抱えているのが現状です。

どうしてお金がないと不安なのか、その不安を解消するためにはどうしたらよいのかを考えてみましょう。

本当に「お金がない」のか

本当に「お金がない」のか

お金がある、お金がないという言い方は一般的によく使われます。

しかし、いったい何円持っていたら「お金がある」状況といえるのでしょうか。

それは、その人の金銭感覚によって様々です。

お金がなくて不安だと考えている人は、自分がいくら持っていたら安心できるのかを考えてみてください。

一千万円でしょうか、一億円でしょうか。

例えば、一億円あったら安心できると思っていても、その一億円が日に日に減っていくことに不安を感じるのではないでしょうか。

ですから、いくら持っていても、お金に対する不安はつきまとうことになります。

今日食べるものさえお金がなくて買えない、眠る場所もないといった人は、行政の助けを借りるなどの方法がありますが、漠然とお金がないことを不安に感じている人は、そういった状況ではない場合が多いと考えられます。

それは、誰もが持つまっとうな感情のひとつです。

そういった心配をすることが、お金に対するリテラシーが高いだけで困窮しているわけではないといえるでしょう。

浪費癖の強い人、つまり無謀な金銭感覚を持つ人は、そういったことで悩んだりはしません。

あくまでも、性分の問題です。

周りと自分を比べない

周りと自分を比べない

性分の問題とはいっても、悩みが解決しないのは困りますよね。

どうしたら、お金に対する悩みから逃れられるのでしょうか。

まず、どうして自分にお金がないと思ってしまうのかを考えてみましょう。

それは誰かとの比較からではないでしょうか。

例えば、友人の誰々は大きな家に住んで、いい車に乗っているなどと羨む気持ちが、自分のコンプレックスになってはいませんか?

自分がそうできないのはお金がないからだと考えますよね。

しかし、外側からでは本質を知ることができません。

もしかしたら、その友人は貯金が全くないかもしれないし、それどころか借金があるかもしれません。

本質を知らずに周りと自分を比べて悩むのは、ナンセンスです。

また、平均年収や年齢層別の貯金額などが公表されて、自分がその額に届いていないと不安になるという人もいるでしょう。

しかし、あくまでもデータのひとつだと割り切ることが大切です。

調査方法や対象の人数によってそのデータは大きく変動します。

そういった情報に惑わされないようにしましょう。

老後はいくら持っていないといけないとか、子どもが成人するためにはいくらかかるとか、お金に対して意識が高いとそういう記事や特集が目につくでしょうが、参考として理解する程度に留めておきましょう。

誇大広告だと思っておくくらいが丁度いいかもしれません。

手っ取り早くお金を得る方法

手っ取り早くお金を得る方法

それでも、お金に対する悩みから解放されないようなら、お金を増やして安心するという方法もあります。

お金に対して不安が尽きない人は、ギャンブルはしないでしょう。

また、ギャンブル性のある投資も向いていないかもしれません。

そういった金銭感覚を持っている人は、節約にもきちんと取り組んでいるはずです。

では、お金を増やすにはどうしたらいいでしょうか。

手っ取り早くお金を増やすには、労働しかありません。

働けばお金は増えます。

使わなければ、お金は貯まります。

働いて、貯めてを繰り返していけば、お金は増えていきます。

しかし、お金は何のためにあるのでしょうか。

そして、自分はいったいお金を使って何をしたいのでしょうか。

原点に立ち戻って考えてみてください。

人生は一度きりです。

お金に使われる人生よりも、お金を使って楽しく生きることを考えてみませんか。

お金は人生を生きるための道具

お金は人生を生きるための道具

お金に対する漠然とした悩みは、お金に誠実な証しです。

しかし、悩んだところでどうなることでもないというのも、また事実です。

自分の欲と金銭感覚に上手く折り合いをつけてください。

お金は人生を生き抜くための道具のひとつだと考えることはできませんか?

お金に気をとらわれるあまり、大事なことを見落とさないように気をつけましょう。